舞-乙HiMEの最新刊

合計金額:2,105円(税込み)
全巻コムの商品詳細へ
全巻をamazonのカートへ

舞-乙HiME 全5巻まいおとめ

吉野弘幸樋口達人佐藤健悦

最終巻発売日:2006年08月08日
出版社:秋田書店 (少年チャンピオンコミックス)

あらすじ (引用:wikipedia)

ある日の夜、ヴィントブルーム王国の風華宮にて、一人の少女が殺された。少女の名はマシロ・ブラン・ド・ヴィントブルーム(以下、真白姫)。ヴィントブルーム王国の次期女王である。彼女が死んだことが公の下に晒されることは国家として致命的なダメージになることは明白であった。そこで政府は、死んだ真白姫と瓜二つの容姿を持つという理由で王国からの支援を受けていた一人の少年を呼ぶことにした。王国の政治を取り仕切る宰相のセルゲイ・オーギュスト大佐は少年に『真白姫になりオトメ養成学校ガルデローベ学園に入学しろ』と強制する。 真白姫に成り代わった少年(以下、マシロ)は母親がオトメだったらしく、形見として『蒼天の青玉』をいつも大事に持っていた。マシロをガルデローベ学園に案内するために遣わされた二人のコーラルオトメ、アリカ・ユメミヤとニナ・ウォン。彼女たちとマシロが出会ったことから物語は始まる。

コメント

まだ、このコミックにコメントはありません。

  • スペルや漢字が分からないコミック名や作者はひらがなで入力してください。
  • あらすじも検索しますので「戦国」で検索すると戦国に関するコミックが検索されます。
  • 複数のキーワードで検索したい場合はキーワードの間にスペースを入れてください。
コミック名五十音索引
  
  
マンガ家名五十音索引
  
  

ログイン

ログインできない方はこちらSSL版はこちら