刻刻の最新刊

合計金額:6,157円(税込み)
全巻をamazonのカートへ

刻刻 全8巻こっこく

堀尾省太

最終巻発売日:2014年10月23日
出版社:講談社 (モーニングKC)

あらすじ (引用:wikipedia)

佑河樹里はニートの父・兄と隠居の祖父、母、シングルマザーの妹と甥と共に暮らしていた。ある日、甥と兄が幼稚園からの帰路の途中で誘拐され、犯人から樹里・父の元に身代金要求の電話が掛かってくる。犯人の要求する身代金の受け渡し期限までは30分しかなく、間に合わないと悟った樹里は犯人と刺し違える覚悟で2人の救出へと向かう決意をするが、その時、祖父が佑河家に代々伝わるという止界術を使い、時間を止めてしまう。人も物も森羅万象が止まった止界で樹里たちは2人の救出へと向かうが、向かった先で自分たち以外の動く人間たちに遭遇、急襲される……。

myコミュニティユーザー(3人)

chanmae
chanmae
ふもっふ
ふもっふ
sab
sab
    

コメント

名無し

by名無し 2012/02/12

一人一人の心情・思想が入り交じって少しややこしくなってきたが、じっくり読めばとても中身が濃く面白い

  • スペルや漢字が分からないコミック名や作者はひらがなで入力してください。
  • あらすじも検索しますので「戦国」で検索すると戦国に関するコミックが検索されます。
  • 複数のキーワードで検索したい場合はキーワードの間にスペースを入れてください。
コミック名五十音索引
  
  
マンガ家名五十音索引
  
  

ログイン

ログインできない方はこちらSSL版はこちら