この女に賭けろの最新刊

この女に賭けろ 全15巻このひとにかけろ

周良貨夢野一子

最終巻発売日:1997-09
出版社:講談社 (モーニングKC)

あらすじ (引用:wikipedia)

中堅都市銀行・よつば銀行の女性総合職・原島浩美は、グループでも成績最下位の台東支店への異動を命じられる。渉外担当となった浩美は、支店の業績を上げるために新規取引先の開拓を提案。顧客ニーズの的確な把握と大胆な交渉で、これまで獲得できなかったシンワ商事との取引に成功する。その後も浩美は、顧客のために銀行が果たす役割とは何かを中心に考えながら、負債を抱えていた渡辺興産のテーマパーク事業に道筋をつけ、ベンチャー企業の日本マイクロテクノロジーを企業乗っ取りから救う。多額の負債を抱えた城北総合開発の再建に本店と共同で携わることとなった浩美は、バブル期によつば銀行の勧めるままに融資を受けたことが負債の原因であり、その窓口となったのが副頭取の島津だったことを知る。交渉の場に島津を引き出したものの結果的に同社の再建は失敗し、浩美と台東支店は副頭取に目をつけられる。

コメント

まだ、このコミックにコメントはありません。

  • スペルや漢字が分からないコミック名や作者はひらがなで入力してください。
  • あらすじも検索しますので「戦国」で検索すると戦国に関するコミックが検索されます。
  • 複数のキーワードで検索したい場合はキーワードの間にスペースを入れてください。
コミック名五十音索引
  
  
マンガ家名五十音索引
  
  

ログイン

ログインできない方はこちらSSL版はこちら