藤田和日郎ふじたかずひろ

Twitter

プロフィール (引用:wikipedia)

もともと話を考えるのが好きであったが、高橋留美子の短編「闇をかけるまなざし」を読んだことをきっかけとして漫画家を目指す。 絵の描き方について試行錯誤を繰り返していた高校時代に、アニメ映画『クラッシャージョウ』の舞台挨拶のため、地元旭川に訪れた安彦良和へ質問した思い出を持つ。そのイベントで安彦が「目線が決まると体の向きが決まる」と発言したのを聞き「人物はまず目から描く」ことに決めたという。この描き方はプロになってからも続けられている。大学では漫画・イラストなどの修行の他、形意拳の修行歴があり短編集の作品にも反映されている。 あさりよしとおのアシスタントを経て、1988年(昭和63年)に第22回新人コミック大賞に入選した「連絡船奇譚」が『週刊少年サンデー (WS) 』の増刊号に掲載されてデビューを果たす。そして1989年(平成元年)に「うしおととら」で第2回少年サンデーコミックグランプリ[注 4]に入賞し、翌1990年(平成2年)より『WS』誌上で連載を開始する。同作は6年以上に渡り連載され、OVA化などもされる人気作品となった。 1997年(平成9年)より『WS』で「からくりサーカス」を連載開始し、およそ9年に渡り連載が続けられる長編となる。 2006年(平成18年)の『からくりサーカス』終了後は『WS』を離れ、『ビッグコミックスピリッツ』・『モーニング』と一時的に青年誌へと活動の場を移すが、2008年(平成20年)には再び『WS』に戻り「月光条例」を連載している。

コメント

まだ、このコミックにコメントはありません。

  • スペルや漢字が分からないコミック名や作者はひらがなで入力してください。
  • あらすじも検索しますので「戦国」で検索すると戦国に関するコミックが検索されます。
  • 複数のキーワードで検索したい場合はキーワードの間にスペースを入れてください。
コミック名五十音索引
  
  
マンガ家名五十音索引
  
  

ログイン

ログインできない方はこちらSSL版はこちら