陽だまりの樹 手塚治虫の収穫の最新刊

合計金額:7,776円(税込み)
全巻コムの商品詳細へ
全巻をamazonのカートへ

陽だまりの樹 手塚治虫の収穫 全6巻ひだまりのき

手塚治虫

最終巻発売日:2008年10月30日
出版社:小学館 (ビッグコミックス スペシャル)

あらすじ (引用:wikipedia)

タイトルの「陽だまりの樹」は、水戸学の弁証家である藤田東湖が劇中で主人公の伊武谷万二郎へ語る当時の日本の姿である。19世紀後半、欧米が市場を求めてアジアへ進出した世界状況で、日本の安全保障を確保するには天皇の権威を背景に江戸幕府を中心とする体制再編により国体強化が必要であるとした東湖だが、幕府の内部は慣習に囚われた門閥で占められて倒れかけているとして、これを「陽だまりの樹」と呼ぶ。

コメント

まだ、このコミックにコメントはありません。

  • スペルや漢字が分からないコミック名や作者はひらがなで入力してください。
  • あらすじも検索しますので「戦国」で検索すると戦国に関するコミックが検索されます。
  • 複数のキーワードで検索したい場合はキーワードの間にスペースを入れてください。
コミック名五十音索引
  
  
マンガ家名五十音索引
  
  

ログイン

ログインできない方はこちらSSL版はこちら