文豪ストレイドッグスの最新刊

文豪ストレイドッグス ~13巻ぶんごうすとれいどっぐす

朝霧カフカ春河35

新刊発売日:2017年08月04日
出版社:角川書店 (カドカワコミックスA)
コミック「文豪ストレイドッグス」は約4ヶ月(121日)間隔で発売されています。
このペースだと次の第14巻の発売日は2017年12月03日頃になりそうです。

あらすじ (引用:wikipedia)

孤児院を追い出され、横浜市を放浪する青年中島敦は鶴見川に飛び込んで溺れかかっていた太宰治を助ける。それをきっかけに中島は太宰が所属する武装探偵社が追う巨大な虎の捜索を手伝うことになる。太宰と共に虎の出現を倉庫街で待つ中島に対して、太宰は中島こそが虎の正体だと告げる。実は中島は無意識のうちに虎に変身して徘徊しており、それゆえに孤児院を追い出されたのだった。中島は自分の能力を制御出来ず太宰に襲いかかるが、太宰は相手の能力を無効化する人間失格を発動して、中島を鎮静化させ、さらに中島が武装探偵社の社員になれるよう尽力する。 採用試験を経て武装探偵社に就職することになった中島だが、中島の就職後、武装探偵社はポートマフィアの襲撃を度々受けるようになる。実は中島には闇の世界で70億の懸賞金がかけられ、その懸賞金で裏社会を牛耳ろうとするポートマフィアの芥川龍之介が中島を狙っていたのである。 太宰はポートマフィアに潜入し、中島に多額の懸賞金がかけられた理由を知ろうとするが、そのころ、中島には芥川の魔の手が迫っていた。

myコミュニティユーザー(2人)

chanmae
chanmae
ともず
ともず
     

コメント

ともず

byともず 2014/08/24

世間の評価はネタ漫画だけど、僕はこういう分かりやすいの好きです。岡山の文豪・変態糞親父を出してくれたらもっと好きです。

  • スペルや漢字が分からないコミック名や作者はひらがなで入力してください。
  • あらすじも検索しますので「戦国」で検索すると戦国に関するコミックが検索されます。
  • 複数のキーワードで検索したい場合はキーワードの間にスペースを入れてください。
コミック名五十音索引
  
  
マンガ家名五十音索引
  
  

ログイン

ログインできない方はこちらSSL版はこちら